子連れにおすすめ!関東の日帰りお出かけスポット9選

土日にサクッと日帰りでお出かけを考えているなら必見!子連れにおすすめの日帰りで観光できるお出かけスポットを9か所ピックアップしてみました。 

子連れにおすすめ!関東の日帰りお出かけスポット9選

f:id:siromamablog:20200524234908p:plain

土日に日帰りで気軽に楽しめる、子連れにおすすめのお出かけスポットを9か所ピックアップしました!

 

東京生まれ千葉県在住、関東のお出かけスポットは大体行きつくした私がおすすめする、子連れで楽しめるお出かけスポットを9か所ピックアップしてみました。

 

大体、1人当たりの予算6000円くらいに収まるように、周辺のおすすめ観光スポットも合わせて紹介しています。(交通費別途、昼食1500円くらいで想定)※よみうりランドだけ例外

 

*この記事からわかること*

 

  • 子連れで楽しめる関東の日帰りお出かけスポット
  • 関連する周辺のお出かけスポット
  • 各スポットの見どころ

 

全て私が行ったことがあるところなので、関連した近場の観光スポットや美味しいレストランなども合わせて紹介します。

 

【東京都】葛西臨海水族園×公園

f:id:siromamablog:20200521231216p:plain

 

まずは葛西臨海水族園と公園です!

 

葛西臨海水族園は、大きなマグロの水槽が有名な東京都営の水族館で、葛西臨海公園という大きな公園の中にあります。

 

ネコザメやエイ、うに、イソギンチャクなど海の生き物と触れ合えるコーナーもあり、いつも子連れでにぎわっています。

 

淡水魚コーナーから熱帯魚コーナーまで、本当に見どころがたくさん。ペンギンもいますよ!

 

f:id:siromamablog:20200521231149p:plain

▲ペンギン観察を楽しむ息子 

 

都営なので何より入場料が安く、公園内には屋台が出ていたりするので、一日中楽しむことができちゃいます。

 

晴れていて暖かい日はバドミントンやフリスビーを楽しむ人たちも。

 

ポップアップテントや敷物を持ち込んでも良いですね!

 

芝生のゾーンも多いので、そのまま座ってもOK。

 

■葛西臨海水族園

 

住所:東京都江戸川区臨海町6‐2‐3

料金:大人:700円、中学生:250円

   ※中学生以下無料

営業時間:9:30~17:00

特記事項:ベビーカー◎、おむつ替えシート◎

 

 

f:id:siromamablog:20200521231337p:plain

 

葛西臨海公園内の大観覧車は夕方~夜に乗ってみて!

 

臨海エリアのキレイな夜景が楽しめます!

 

■葛西臨海公園内 ダイヤと花の観覧車

 

住所:葛西臨海公園内

料金(3歳以上):800円 ※3歳以下無料

営業時間:10時~20時、土日祝は10時~21時

 

 ■葛西臨海公園

 

住所:東京都江戸川区臨海町6丁目

駐車場料金:1時間まで300円、以後20分まで毎に100円

      ※最大料金1200円

特記事項 :高額紙幣利用不可

 

飽きたらお台場でショッピング

f:id:siromamablog:20200521235444p:plain

 

葛西臨海公園で遊んでいる最中に雨が降ってしまったり、寒かったり、暑かったり、思ったより時間が余ってしまったり…

 

そんな時は、少し東京方面に足を伸ばしてお台場でショッピングもおすすめ!

 

アクアシティ、ダイバーシティ、ヴィーナスフォート、デックス東京ビーチなど、ショッピングモールがたくさん。

 

この4つはどれも近い距離にあるので、一か所に車を停めて移動するのも有り!

 

少し下ればららぽーと東京ベイも!

船橋方面に少し下れば、ららぽーと東京ベイもあります。

 

約440店舗が集まる大型ショッピングモールはそれこそ一日いても飽きないくらい。

 

ショッピングだけでなく、ららぽーと東京ベイ内にあるキドキド『あそびのせかい』も、子供が夢中になって楽しめるおもちゃが集まったスポットなのでおすすめ。

 

f:id:siromamablog:20200522000134p:plain

 ▲ららぽーと東京ベイ内のキドキド『あそびのせかい』

 

■あそびのせかい ららぽーとTOKYO-BAY

 

住所:千葉県船橋市浜町2-1-1

   ららぽーとTOKYO-BAY 北館2F 

料金:子供(0歳6ヶ月~12歳):最初の30分600円

   以後10分ごとに100円

   大人:最初の30分600円 ※延長料金無し

営業時間:10時~19時(18:30受付終了)

特記事項:授乳室完備(お湯の出るウォーターサーバー有)、トイレやおむつ替えは一時退場でららぽーと内のトイレを利用

HP:https://kidokid.bornelund.co.jp/tokyobay/

 

【千葉県】マザー牧場

f:id:siromamablog:20200521231452p:plain

 

東京駅から高速を使って2時間しないで行くことができるマザー牧場。

 

ヤギや牛、馬などの動物はもちろん、ちょっとした遊園地や季節の花、果物狩りまで楽しむことができます。

 

園内はかなり広く、見るところがたくさんあります。

 

山の中なので高低差があり、足が不自由な人は園内のバスやファームツアーを利用すると良いかもしれません。

 

f:id:siromamablog:20200521234053p:plain

 

ふれあい動物園もあるので、子供たちも大喜び!

 

イベントも豊富で、 特に子供が参加できる『こぶたのレース』は、思い出作りにぜひ参加してみたいもの。 

 

子供が子豚を追いかけてゴールに導くというイベントですが、これがとってもかわいい…!!

 

一生懸命子豚を追いかける我が子をぜひ動画に収めてください。

 

他にも、牛の乳しぼりやバターづくりなどの牧場らしい体験もすることができます。

 

f:id:siromamablog:20200521234007p:plain

 

春先には満開の菜の花が楽しめますよ。

 

タイミングが良ければ寒桜も咲いていたりして、とってもきれい。

 

冬はイルミネーションも楽しむことができ、一年中何かしらのイベントが行われています。

 

園内をまんべんなくお散歩したいなら結構歩くことになるので、月齢の低いお子さんがいる場合はベビーカー必須です。(レンタルもあります!)

 

■マザー牧場

 

住所:千葉県富津市田倉940‐3

料金:大人(中学生以上):1500円

   子供(4歳~小学生):800円

駐車料金:乗用車:1000円/1日

特記事項:ベビーカー◎、ベビーカー貸し出し◎、ベビーカー用レインカバー販売、おむつ替えシート園内2か所◎、おむつ販売(園内売店)

HP:http://www.motherfarm.co.jp/

 

近隣の道の駅も楽しい

マザー牧場の行き帰りに、近隣の道の駅にもぜひ立ち寄ってみてください。

 

千葉県の美味しい新鮮な野菜や牛乳、漬物やお菓子などを購入することができます!

 

▼こちらは、小学校の校舎をそのまま使用した『道の駅 保田小学校(ほたしょうがっこう)』。

 

f:id:siromamablog:20200521233421p:plain

 

外観はもちろん、館内も小学校そのもの!(当然ですが(笑)

 

f:id:siromamablog:20200521233403p:plain

 

小さな跳び箱や机、いすに、つい懐かしくなること間違いなし。

 

宿泊もできるので、学校に泊まるというレアな経験をすることができます!

 

温浴施設も完備されていて、500円で入浴することができますよ。

 

■道の駅 保田小学校

 

住所:千葉県安房郡鋸南町保田724

   ※鋸南保田ICからスグ!

料金:入場、駐車場ともに無料

特記事項:温浴施設有り

HP:https://hotasho.jp/

 

続いて、『道の駅 とみうら 枇杷倶楽部(びわくらぶ)』。

 

名前の通り、千葉県の名産『びわ』を使った製品がたくさん販売されています!

 

初夏の時期ならびわ狩りを楽しむこともできますよ。

 

枇杷倶楽部オリジナルのびわソフトはさわやかな甘みが絶品!ぜひ立ち寄った際には食べてみてください。

 

f:id:siromamablog:20200521233822p:plain

▲こちらは枇杷倶楽部の外観。

のどかな風景に癒されます…

 

f:id:siromamablog:20200521233838p:plain

 

枇杷倶楽部のお庭はいつも手入れされていて、きれいなお花がたくさん咲いているので、見ているだけでも楽しい。

 

道の駅はお買い物というイメージが強いかもしれませんが、枇杷倶楽部はアクティビティも豊富。

 

フラワーアレンジメントやいちご狩り、ふと巻きずし作り、びわの葉染め体験、貝殻ストラップづくりなども体験できますので、子供連れでも楽しめること間違いなし。

 

■道の駅 とみうら 枇杷倶楽部

 

住所:千葉県南房総市冨浦町青木123‐1

          ※冨浦IC出口右折、5分ほどで到着

料金:入場、駐車料金ともに無料

特記事項:果物狩り(びわ、いちご、ぶどう)◎

HP: http://www.biwakurabu.jp/

 

【千葉県】成田ゆめ牧場

f:id:siromamablog:20200521233527p:plain

 

こちらも牧場ですが、『成田ゆめ牧場』は千葉県の成田市にある牧場。

 

敷地は東京ドーム7個分にもなり、明治20年から牛乳一筋でやってきたそうです!

 

動物たちとの触れ合いはもちろん、アーチェリーやドッグラン、カウボーイパン作り、ミルクアイス作り、ジャム・バター作りなどを体験することができます。

 

マザー牧場と違い、牧場内はほぼ平地になっているので、疲れやすい人にもおすすめ。 

 

■成田ゆめ牧場

 

住所:千葉県成田市名木730‐3

料金:大人(中学生以上):1450円、子供(3歳以上):700円

   ※3歳未満無料、犬は大型犬1500円、小型・中型犬は1000円

駐車料金:普通車:700円/1日

営業時間:(6月~11月)平日:9:30~16:30、土日祝:9:30~17:00

     (12月~2月)平日:10:00~16:00、土日祝:9:30~16:30

特記事項:ベビーベッド◎(3か所4台)、授乳室◎、ベビーカーレンタル◎

HP:https://www.yumebokujo.com/

 

成田山散策

f:id:siromamablog:20200521231858p:plain

 

成田ゆめ牧場からほど近い場所にある成田山新勝寺。

 

牧場でアクティビティを楽しんだ後は、成田山の参道で食べ歩きも楽しい!

 

f:id:siromamablog:20200521231825p:plain

 

ソフトクリームやおせんべい、おやき、たこやきなど、さまざまなお店が出ているので、大人はもちろん子供まで楽しめるはず。

 

■成田山新勝寺

 

住所:千葉県成田市成田1

料金:入場無料

駐車場料金: 500円~1500円/1日

  ※周辺にいくつか有り。

特記事項:成田山のスタッフに声をかければ救護室を授乳室として使える

HP:https://www.naritasan.or.jp/

 

酒々井プレミアム・アウトレットでショッピング

www.premiumoutlets.co.jp

 

成田山から10㎞、20分ほど南下すると、酒々井プレミアム・アウトレットがあります。

 

220店舗にもなる有名ブランドのアウトレットストアは見ているだけでも楽しい!

 

もちろんカフェやレストランも完備されているので、一休みにも持ってこいです。

 

酒々井プレミアム・アウトレット内はバリアフリーになっているので、ベビーカーや車椅子でも安心◎

 

■酒々井プレミアム・アウトレット

 

住所:千葉県印旛郡酒々井町飯積2-4-1

料金:入場無料、駐車場無料

営業時間:10:00~20:00

特記事項:授乳室◎、おむつ替え台◎

HP:https://www.premiumoutlets.co.jp/shisui/

 

【千葉県】ドイツ村

f:id:siromamablog:20200521231739p:plain

 

千葉県袖ケ浦市にある『東京ドイツ村』も、子連れにおすすめ!

 

こちらは完全屋外なので晴れてお天気が良い日に良いですね。

 

車ごと園内に入って移動するので、駐車場からたくさん歩く必要がありません。

 

広大な敷地はきれいな芝生で整えられており、砂場やブランコ、滑り台などの遊具はもちろん、釣り堀やボート、観覧車なんかもあります。

 

遊んでいるとアッという間に時間が経ってしまうので、早めに到着するように出かけるのがおすすめ!

 

冬場はイルミネーションが楽しめます。

 

■東京ドイツ村

 

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419

料金:一般:800円、4歳~小学生:400円

駐車場料金:普通乗用車:1000円/1日

営業時間:9:30~17:00(最終入園15:30)

特記事項:おむつ替え台◎、授乳室◎、ベビーカー無料貸し出し(2台)

HP:https://t-doitsumura.co.jp/business_guidance/

 

映画”星になった少年”モデルの『市原ぞうの国』

www.zounokuni.com

 

東京ドイツ村だけでもじゅうぶん楽しむことができますが、もし時間が余ったり、途中で雨が降ってきてしまった場合は、近くの『市原ぞうの国』がおすすめ。

 

こちらは、映画”星になった少年”のモデルとなっており、ゾウ使いを目指した少年の物語を描いたものです。

 

市原ぞうの国の園長さんは、この”星になった少年”哲夢のお母さん。

 

動物たちへの愛情が伝わってくる作品で、大好きです。

 

映画の作中に出てくる子ゾウのランディにも会えるかも?

 

しかし、価格設定が少々高めなので、予算5000円をオーバーしてしまうかも… 

 

その分、動物たちと触れ合ったり、ぞうのショーを見たりと楽しむことができますよ!

 

ぞうに乗ることができる『ぞうさんライド』はぜひ試してみたいもの!

 

■市原ぞうの国

 

住所:千葉県市原市山小川937

料金:大人(中学生以上):2000円

   3歳~小学生:900円 ※3歳未満無料

営業時間:平日:10:00~17:00(最終入園:16:00)

     土・日・祝年末年始:9:00~17:00(最終入園:16:00)

特記事項:授乳室◎、おむつ交換台◎

HP:http://www.zounokuni.com/

 

【東京都(ほぼ神奈川)】よみうりランド

f:id:siromamablog:20200521234126p:plain

 

東京都稲城市にある『よみうりランド』は、アトラクションやステージショーはもちろん、夏場はプール、冬場はイルミネーション『ジュエルミネーション』を楽しむことができます!

 

入園料は乗り放題なら1日5,500円と少々お高めですが、迫力満点のアトラクションは圧巻。

 

f:id:siromamablog:20200522165137p:plain

画像引用元:グッジョバ!!|遊園地よみうりランド

 

そして絶対にいっておきたいのは、よみうりランド内の『グッジョバ!』

 

2020年春にリニューアルされたグッジョバ!は、なんとモノづくりが体験できる遊園地エリア

 

自動車、食品、ファッション、文具の工場をテーマにしたアトラクションで、楽しみながらモノが作られる過程を学ぶことができるのです。

 

子供の勉強にも一役買ってくれること間違いなし!

 

f:id:siromamablog:20200521234149p:plain

 

▲冬場のイルミネーションはこんな感じ。

 

よみうりランド内全体をLED電球で飾り付けられており、どこから見てもキレイ!

 

■よみうりランド

 

住所:東京都稲城市 矢野口4015-1

料金:料金案内|遊園地よみうりランド

駐車場料金:普通乗用車:1500円/1日

営業時間:季節により異なるため、HP参照

特記事項:おむつ替えシート◎、授乳室◎

HP:https://www.yomiuriland.com/

 

隣接の温泉『よみうりランド丘の湯』でひとっ風呂♪

www.yomiuriland.com

 

遊園地を楽しんだ後は隣接している温泉『丘の湯』でひとっ風呂。

 

汗を流してから帰れば、帰ってから夕飯を食べて眠るだけ。

 

人工的に入浴剤でつくられた温泉ですが、広々としていてリラックスできますよ。

 

■よみうりランド丘の湯

 

住所:東京都稲城市矢野口3302-8

料金:【一般】

   平日:大人:670円、小学生まで:410円

   土日祝:大人: 770円、小学生まで:460円

   ※2歳まで無料

営業時間:10:00~24:00(最終受付23:30)

特記事項:キッズコーナー、おむつ替え台◎

HP:https://www.yomiuriland.com/okanoyu/

 

【神奈川県】横浜中華街で食べ歩き

f:id:siromamablog:20200522172236p:plain

 

 横浜と言えば、デートスポットの印象が強い人も多いのでは?

 

確かにデートに最適な観光スポットではありますが、実は子連れでも結構楽しいもの!

 

横浜の中華街は肉まんやタピオカミルクティー、アイスなど子供も食べることができるものばかり。

 

食べ歩きをしながら街並みを見て回るだけでも楽しいですよ。

 

おすすめは江戸清の豚まん!

 

■横浜中華街

 

住所:神奈川県横浜市中区山下町118-2

特記事項:周辺にコインパーキング有り、おむつ替えはレストラン内のトイレ利用

HP:https://www.chinatown.or.jp/

 

 

横浜カップヌードルミュージアムでオリジナルカップ麺作り

f:id:siromamablog:20200522173645p:plain

 

横浜中華街から少し離れたところにあるカップヌードルミュージアム(安藤百福記念館)もおすすめ!

 

カップヌードルの歴史を学ぶだけでなく、オリジナルのカップヌードルをつくったり、世界各国のラーメンを楽しむことだってできちゃう。

 

f:id:siromamablog:20200522174137p:plain

▲これは以前カップヌードルミュージアムで食べたトムヤムクンヌードル!

 

室内なので天候を気にせず楽しめますよ。

 

■ カップヌードルミュージアム 横浜

 

住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4

料金:大人 (大学生以上):500円
   ※高校生以下は無料、各種アトラクションは別途

営業時間:10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで)

特記事項:授乳室◎、おむつ替え台◎

 

【茨城県】国営ひたち海浜公園×アクアワールド茨城大洗水族館

f:id:siromamablog:20200601232344p:plain

 

日本国内でもかなり大きい部類に入る『アクアワールド茨城大洗水族館』。

 

なんと580種類、約68,600点の生き物たちが飼育されているんだそう!

 

アシカショーにイルカショーはもちろん、ペンギンショーも見ることができるのです!(ペンギンショーって結構珍しい気がする!)

 

水槽ひとつひとつじっくり見て回ったら結構時間がかかりますので、入場料は少し高めの設定ですが全然元は取れるはず。

 

水族館内には売店やフードコートもあるので、お腹がすいたら腹ごしらえも◎

 

■アクアワールド茨城大洗水族館

 

住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252−3

料金:大人:2000円、小・中学生:900円

   3歳~小学生未満:300円 ※3歳未満無料

営業時間:9:00~16:00(最終入場15:30)

   ※新型コロナウイルスの影響で短縮営業中

特記事項:授乳室◎、ミルク用お湯◎、ベビーカー貸し出し◎、子供向けプログラム◎

HP:http://www.aquaworld-oarai.com/news/29272

 

www.shirotanblog.net

 

f:id:siromamablog:20200521232349p:plain

 

大洗水族館で色とりどりの魚たちを楽しんだ後は、国営ひたち海浜公園へ。

 

ゴールデンウィークシーズンになると毎回ネモフィラが有名ですが、実はネモフィラ以外にもチューリップやコキア、バラなど、四季折々の花を楽しむことができます!

 

さらに国営ひたち海浜公園内には遊園地『プレジャーガーデン』があり、元気が有り余る子供たちが全力で遊ぶことができちゃうのです。

 

せっかく茨城方面に来たのなら、ぜひ見どころ満載の国営ひたち海浜公園にも足を運んでみてください。

 

折りたたみ自転車をもって、公園内のサイクリングも楽しそう。

 

■国営ひたち海浜公園

 

住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

料金:大人:450円、中学生~高校生:290円

   ※中学生以下無料

営業時間:季節により異なる

HP:https://hitachikaihin.jp/

 

めんたいパーク大洗で『できたて明太子』を堪能

f:id:siromamablog:20200523093046p:plain

画像引用元:めんたいパーク | 明太子のテーマパーク

アクアワールド茨城大洗の近くにある、明太子で有名なかねふくが展開する『めんたいパーク』。

 

その名の通り明太子を作り、販売している工場で、関東では唯一の明太子工場なんだそう。

 

できたての明太子を試食したり、かねふくの明太子を使ったスイーツやご飯をフードコートで食べたり、工場見学だってもちろんできます。

 

フードコートで販売されているできたての明太子を使ったおにぎりは絶品!

 

■めんたいパーク 大洗

 

住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3(大洗港第二埠頭内)

料金:入場無料

営業時間:9:00〜18:00《年中無休》

HP:https://mentai-park.com/

 

【神奈川県】江ノ島

f:id:siromamablog:20200521232522p:plain

 

関東の日帰りお出かけスポットと言えば、もちろんランクインするのが江ノ島!

 

東京から車で2時間もあればアクセスでき(道中少し混んでいるので、これくらいかかることも)、江ノ島周辺では一日中遊べちゃう。

 

鎌倉も近いので、ちょっと足を延ばせば鎌倉観光もできます!

 

■江ノ島

 

住所:神奈川県藤沢市江の島2-3-8(江ノ島神社に設定してあります)

駐車場料金:1000円~/1日 ※周辺にいくつかあり

HP:https://www.fujisawa-kanko.jp/spot/enoshima/

 

江ノ島はもともと音楽の神様”弁財天”を祀った江ノ島神社が有名ですが、江ノ島を上まで登ると『サムエル・コッキング苑』もあり、きれいに手入れされた庭を楽しむことができますよ。

 

展望台『シーキャンドル』とセットなら入場料も少し割安に!

 

f:id:siromamablog:20200521232904p:plain

 ▲サムエル・コッキング苑内のチューリップ。

 

■サムエル・コッキング苑

 

住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3−28

料金:大人:200円、子供:100円

特記事項:おむつ替え台◎(園内多目的トイレ)

HP:https://enoshima-seacandle.com/

 

昼食はもちろん『しらす丼』

f:id:siromamablog:20200521232719p:plain

▲島童子さんの海鮮丼。

 

江の島のしらす丼というと『とびっちょ』さんが有名ですが、私は『島童子(しまわらし)』さんがおすすめ。

 

ボリューム満点の海鮮と美味しい地ビールが楽しめて、店内の回転が早いので比較的入りやすいのが嬉しい!

 

■島童子

 

住所:神奈川県藤沢市江の島1丁目6−8

HP:https://enoshimawarashi.business.site/

 

【神奈川県】無人島『猿島』で無人島散策

f:id:siromamablog:20200523102702p:plain

画像引用元:無人島・猿島 <公式>| 【TRYANGLE WEB】YOKOSUKA軍港めぐり / 無人島・猿島 / ヨコスカBBQ のトライアングル

 

ちょっと変わったお休みの過ごし方で、無人島散策はいかがですか?

 

東京湾唯一の無人島『猿島』は、もともと戦争のときに砲台が置かれ、要塞の役割をしていました。

 

たっぷりの自然と、当時の歴史を感じさせる無人島散策。

 

非日常空間に子供たちも大喜びのはず!

 

釣り具レンタルや、テイクアウトレストラン、シャワーやロッカーもあるので、特別な支度は必要無し◎

 

バーベキューもできるので、夏休みの思い出作りにも一役買ってくれますね。

 

■猿島

 

住所:神奈川県横須賀市小川町27

往復乗船料:1400円(大人) 700円(小学生)

※小学生未満無料

HP:https://www.tryangle-web.com/

 

横須賀海軍グルメを楽しもう

f:id:siromamablog:20200521232746p:plain

 

猿島観光の後は、ぜひ横須賀で海軍グルメを楽しんで。

 

海軍カレーやハンバーガーなど、アメリカンでボリューミーなグルメがたくさん!

 

私のイチオシはTSUNAMI/津波の横須賀ネイビーバーガー。

 

店内の内装もステキです!

 

■TSUNAMI/津波

 

住所:神奈川県横須賀市本町2-1-9 飯田ビル

営業時間:本店:11:00〜22:00(L.O. 21:00)
     CURRY&GRILL:11:00〜21:00(L.O. 20:00)

HP:https://navyburger.com/

 

まとめ

関東の日帰りで楽しめるお出かけスポットを紹介しました。

 

今回記載したスポットは全て私が実際に行って『子連れでも大丈夫そうだな』と思ってピックアップしたものです。

 

サクッと土日のお出かけを楽しみたいときに、ぜひ行ってみてください♪

 

▼お出かけ関連

www.shirotanblog.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました